巻線型電動機とは

巻線形誘導電動機の用途と特性

 巻線型誘導電動機は、構造的にはかご形誘導電動機の回転子鉄心に三相巻線を巻いて二次巻線とし、
この各相巻線の三つの端子は軸に取り付けられたスリップリングを経て、ブラシによって二次電流を外部に
導くような構造となっています。
 下記のような条件下において、かご形誘導電動機に代わって使用されます。

  • 始動時に大きなトルクが必要とするとき
  • 負荷のが非常に大きく、かご形誘導電動機では始動不能な場合
  • 頻繁な始動・停止・可逆運転が要求され、かご形誘導電動機では熱的負荷が大きい場合
  • 電源容量が小さく、始動電流による始動時の電圧降下が問題になる場合
  • 速度制御を必要とする場合
巻線型誘導電動機

巻線形誘導電動機の構造

二次側には二次抵抗器を接続することができ、二次抵抗器の抵抗値を加減することによって、始動電流を制限すると同時に大きな始動トルクを発生させるなど、電動機の特性を変化させることができます。二次側には二次抵抗器を接続することができ、二次抵抗器の抵抗値を加減することによって、始動電流を制限すると同時に大きな始動トルクを発生させるなど、電動機の特性を変化させることができます。

 二次側には二次抵抗器を接続することができ、二次抵抗器の抵抗値を加減することによって、始動電流を制限すると同時に大きな始動トルクを発生させるなど、電動機の特性を変化させることができます。
(二次側を短絡すると、通常の誘導電動機と同等な特性をします)

二次側には二次抵抗器を接続することができ、二次抵抗器の抵抗値を加減することによって、始動電流を制限すると同時に大きな始動トルクを発生させるなど、電動機の特性を変化させることができます。

 巻線形誘導電動機の場合、スリップリングとブラシがあるため保守点検は、こまめにおこなう必要があります。振動が大きいとブラシがチャタリングを起こし、接触不良から火花を発生して摺動面を著しく荒損するので注意する必要があります。

 電動機の始動頻度による発熱が問題になる場合には、巻線形誘導電動機を推奨します。
巻線形誘導電動機では、回転子で生じる損失を外部の二次抵抗器で放出できるので、電動機の過熱を避けることができます。

 また始動特性が良好なこと、速度制御をおこない易いなどの利点があるため、
「クレーン用モーター」として用いられることがあります。